上弦の壱 VS 岩柱 どちらが強い?黒死牟に軍配か?【鬼滅の刃】



鬼滅の刃169話でついに

鬼舞辻 無惨の配下 十二鬼月トップ

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)と

 

 

鬼殺隊最強と名高い男 岩柱の悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

の戦いがみれますね!

 

 

鬼側最強と人間側最強の戦い、果たしてどうなるのでしょうか?

今回の記事では黒死牟と悲鳴嶼行冥についてまとめています。

 

 

 

黒死牟

黒死牟は無惨率いる鬼の中でもとびきり別格

十二鬼月の中でも最上位、上弦の壱の位を無惨から与えられています。

 

 

外見は長い黒髪を縛り

紫の袴下に黒の袴といういかにも侍!

といったシンプルなもので、腰には禍々しい装飾が施された刀を差しています。

 

 

顔はとても恐ろしく、合計六つの赤眼を持つ異形の鬼、

かつて鬼舞辻 無惨を追い詰めた始まりの剣士の外見と重なる部分があり

同一人物または親族である可能性がとても高いです。

 

 

黒死牟は時透無一郎との戦闘時、時透は自分の子孫にあたると明言、

自身の名を継国厳勝(つぎくにみちかつ)と明かしました。

 

時透無一郎は始まりの剣士、日の呼吸の使い手の子孫にあたるので

ますます黒死牟が日の呼吸の剣士であった可能性が高いです。

 

 

 

黒死牟の強さ

黒死牟の強さは別次元、本編で一番初めに対峙した霞柱の時透無一郎は戦う前から体が震えてしまい

「他の上弦とは比べ物にならない」と漏らしていました。

 

 

震えを克服しあざを発現させ戦うもまるで勝負にならず

瞬殺左手を切り落とされ柱に自身の刀で串刺しにされ固定されてしまいます。

上弦の伍をたやすく倒した時透君が瞬殺って上弦の中でもかなりの差があるんですね。

 

 

風柱の不死川実弥(ふしかわ さねみ)戦でも柱相手に余裕の立ち振る舞い、

不死川を切った際に嗅いだまれ血の匂いで足元がふらつくも常時圧倒していました。

 

 

時透無一郎とは違い腹を切り裂かれても筋肉で臓物が溢れ出すのを止め、

血が流れで内容に血を凝固させて戦うと行った人間離れしたワザでかなり粘りましたが

やはり上弦の壱の壁は高かったです。

 

 

 

黒死牟 技

黒死牟の技は一つ一つがチート級の技です、普通の鬼殺隊員なら一瞬であの世行きでしょう

 

 

月の呼吸

黒死牟の使う呼吸は月の呼吸です。

 

 

現在判明している呼吸の技は4つ

月の呼吸 壱ノ型 闇月 宵の宮(やみづきよいのみや)

参ノ型 厭忌月・鎖り(えんきづき・つがり)

伍ノ型 月魄災禍(げっぱくさいか)

陸ノ型 常世孤月・無間(とこよこげつ むけん

 

 

壱ノ型は高速の横薙ぎで時透が全く反応できないほどの速度を誇っていました。

ただの高速の横薙ぎではなく無数の小さな半月状の斬撃も同時に生み出しており

回避するのは非常に困難です。

 

 

参ノ型は複数の半月状の地面を切り裂く刃を発動する技です。

不死川にとどめをさすために使った技です。(悲鳴嶼が不死川を助け回避しました)

 

 

伍ノ型は壱ノ型の斬撃を複数出す技で広範囲を攻撃できます。

刀を振るう挙動が見られずいきなり斬撃を飛ばしてくるのでもうチートですね。

 

 

陸ノ型は縦横無尽に刃を出し一瞬にして広範囲を斬撃で埋め尽くしてしまう反則技です。

不死川戦で使用、腹を切り裂きました。

 

 

透き通る世界

炭治郎と同じく黒死牟も透き通る世界を使うことができます。

透き通る世界はある一つの行動に全集中することで他の感覚を遮断することを言うそうです。

特化型のわざみたいです。

 

 

血鬼術

黒死牟の血鬼術はいまだに明らかになっていません。

呼吸に透き通る世界に血鬼の術、、

最強すぎます

 

 

 

悲鳴嶼行冥


かなりの巨漢で額には一文字の傷がある

両目は見えてはいないが戦闘には全く支障は出ておらず

それどころか伊之助いわく鬼殺隊最強の男、炭治郎もその見解には納得している様子です

 

 

いつも事あるごとに涙を流しているちょっと不気味な男で

発言もかなりあるなので読者をドン引きさせた時もあり、

 

 

隊服の上から「南無阿弥陀仏」の文字が入った羽織を着用し、

複数の数珠を身に纏った僧侶の様な格好をしています。

 

 

 

悲鳴嶼行冥の強さ

悲鳴嶼の強さは他の柱からも一目置かれるほどで柱最強との噂もあります。

柱の中で一番現役を続けており、実質柱たちのリーダーを担っています。

鬼殺隊に入隊する前から以上は強さを誇っており、鬼を撲殺するという荒業を成し遂げてました。

 

 

 

岩の呼吸

五つある基本の呼吸の一つである岩の呼吸の使い手

他のメンバーとは異なり鉄球とか盾斧を使い呼吸を駆使して戦います。

かなり物騒

 

 

判明している呼吸は一つ

岩の呼吸 参の型 岩軀の膚(がんくのはだえ)

無惨のバラの棘のような技をこの技で回避して見せました。

 

 

 

反復動作

全ての感覚を一気に開く技であり、怒りや悲しみがトリガーとなり心拍と体温を上昇

集中力を極限まで高めることができる技です。

いつでもマックスの状態まで持っていくことができる便利技です

 

 

 

鬼滅の刃 上弦の壱 VS 岩柱 どちらが強い?169話で対決!まとめ

黒死牟と悲鳴嶼の今までの活躍をまとめてみましたが

どちらが格上であるかは明確には判断できそうもないですね

 

 

ただ黒死牟は長い年月をかけて修行を重ねている元鬼殺隊の剣士、血鬼術も使えますし

黒死牟の方が強そうではあります。

 

 

しかし風柱・不死川のまれ血の影響でふらつく状態であるので

なかなかいい戦いになるのではないでしょうか?

 

 

とにかく両サイドの最強格が戦う169話

めちゃくちゃ楽しみです!

 

 

 

以上

鬼滅の刃 上弦の壱 VS 岩柱 どちらが強い?169話で対決!でした。

 







全国の「アニメ・漫画」好き集まれ!
LINE@コミュニティのご案内



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です