漫画ネタ情報&考察

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の過去が明らかに!甘露寺蜜璃との恋も!

現在週刊少年ジャンプで連載中の「鬼滅の刃」ですが、今まで謎に包まれていた蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)の過去が2019年12月23日発売の鬼滅の刃188話で明らかとなった。

また、伊黒の甘露寺蜜璃についての思いも明らかになりました。

それでは早速紹介していきたいと思います。

 

【鬼滅の刃】蛇柱・伊黒小芭内とは?

蛇柱・伊黒小芭内のプロフィール

階級: 柱
誕生日: 9月15日
年齢: 21歳
身長: 162cm
体重: 53kg
出身地: 東京府 八丈島 八丈富士<西山>
趣味: 川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める
好きなもの: とろろ昆布
CV: 鈴村健一

 

蛇柱・伊黒小芭内は蛇柱の名の通り「柱」で鬼殺隊のトップで「鏑丸」という白蛇を首に這わせている。

口元は包帯で覆っており、髪で片目が隠れている。

また、隠れている方の目は生まれつきのオッドアイである。

初登場は柱合会議の竈門兄妹の裁判の際で、不死川実弥同様に「鬼は絶対信用しない、問答無用で滅殺すべし」という考えを持っているため、炭治郎や禰豆子に対しては、2人の活躍が評価されてからも不信感は捨てていない。

また、同じく柱である蜜璃とは文通する仲でもあり、ニーソックスを送ったり、炭治郎に対して「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制したりなど、蜜璃のことが好きなのが分かる。

 

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の壮絶な過去が明らかに!

伊黒小芭内は自分のことを「人を殺して私腹を肥やすす汚い血族の人間なんだよ」と言っていた。

伊黒小芭内の生まれた家は女ばかりが生まれる家で男が生まれたのは370年ぶりだったそう。

伊黒は生まれた時からずっと座敷牢に入っており、親族はみな気色が悪いほど親切で、とにかく毎日毎日食い物を持ってきた。

12歳になったころ、座敷牢から出されて連れていかれたのはきらびやかでゴテゴテと豪華な部屋でした。

そこに御神体のように鎮座していたのは、下肢が蛇のような女の鬼だった。

そう、伊黒の生まれた家では生まれた赤ん坊を女鬼に差し出すことで生計を立てていたのだ。

伊黒は男で、風変わりな目をしていたため気に入られ成長して食える量が、増えるまで生かされることになった。

その後女鬼は伊黒の口の形を自分と揃えるといって、口を切り裂き、あふれ落ちた血を盃にためて飲んだ。

座敷牢にもどった伊黒は逃げること、生きることだけ考え、盗んだかんざしで木の格子を削り続けた。

当時は、その際に迷い込んできた「鏑丸」だけが信用できる生き物だった。

現在も伊黒が連れている蛇こそ、その時に出会った「鏑丸」であったのである。

毎日気づかれるか怯えながらも、逃げることができた。

途中で蛇鬼に追いつかれたが、当時の炎柱が助けに入り無事に逃げることができた。

炎柱はその後従兄弟とあわせてくれたが、「あんたのせいでみんな殺されたのよ!50人しんだわ、あんたが殺したのよ!生贄のくせに、大人しく喰われてりゃよかったのに!」と当性のない罵詈雑言は嫌というほど伊黒の心を抉った。

逃げれば親族がどうなるか考えなかったわけではないが、それでも生きたかった伊黒。

それでも背負う業が深すぎて、普通の人生が歩めなかった。

やり場のない思いは全部鬼に向けた。ひたすら鬼を憎み恨んだ!

そうして誰かのために命をかけると自分が何か少しでもいいものになれた気がした。

それでも、いつまでも50人の恨みがましい目をした腐った手が、どこにも行けないように体を掴んで爪を立ててくる感じがした。

そうして、鬼の始祖たる無惨を倒して自分の汚い血が浄化されることを願った。

そして大好きな蜜璃に
鬼のいない世界でもう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝える!

なんとここで鬼滅の刃188話は終了しました。

本当に自分の立場を苦しみながらも蜜璃のことを愛している!

その複雑な関係性にとても感動しました!!

 

 

鬼滅の刃最新刊無料で読むには?

鬼滅の刃の最新刊をスマホで簡単に読むにはU-NEXTがオススメ!

31日間の体験期間中に解約をすればただで鬼滅の刃を読むことができます!

 

 

[btn class=”big rich_blue”]

U-NEXTで今すぐ読む!

[/btn]

 

 

まとめ

以前は実は鬼ではないか?罪人ではないか?と予測されていましたが、壮絶な過去が明らかになりましたね。

蜜璃に気持ちを伝えたいと思っていても、自分は汚い血の持ち主なので伝えられないという複雑な関係性が美しくもはかないですね!

伊黒さん死ぬフラグが立ってる感じがガンガンしますが、なんとか生き残って蜜璃と幸せになってもらいたいです!

今後とも見守っていきましょう!!

それでは最後まで見ていただきましてありがとうございました。