漫画ネタ情報&考察

【鬼滅の刃】下弦の壱 魘夢(えんむ)予想以上に強い

十二鬼月である下弦の壱の魘夢(えんむ)と同じく

下弦の伍である蜘蛛の糸を操る累は水柱である富岡義勇さんに

瞬殺されていましたが眠り鬼こと魘夢さんは違います。

 

 

最終的には鬼殺隊や列車に乗っていた乗客を1人として殺せなかった魘夢ですが

柱である煉獄杏寿郎をいともたやすく眠らせているところを見ると

かなりの強さを誇っているのがわかりますよね。

 

[kanren2 postid=”1076″]

今回の記事では下弦の壱 魘夢について記事をまとめています。

 

 

 

下弦の壱 魘夢

©五峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃から引用

下弦の壱である魘夢は人間に対して自在に夢を見させることのできる血鬼術

を有して入りかなり厄介な鬼です。

 

 

直接での戦闘に関しては大した力を持ち合わせてはいないようですが

戦闘に至る前に眠らされてはまるでなす術がありませんよね。

 

 

柱である炎柱 煉獄杏寿郎もいともたやすく眠りにつかされていたので

他の柱もこの血鬼術を防ぐことはできないかと思われます。

 

 

この血鬼術で夢の中に入り

人間の夢の中の精神の核を破壊することで人を廃人にすることができます。

 

 

魘夢はとても用意周到な鬼で自らが直接手を下すのではなく、

色々闇を抱えている人間に対していい夢を見させてあげるから

という条件で精神の核を破壊させにいかせます。

 

 

都合のいい夢を見せるという条件で人を手駒にしているんですね。

 

 

しかしそれは魘夢の嘘であり夢を見させるつもりなど全くないんですよね、、クズです。

 

 

 

なぜ魘夢が直接夢の中に入り精神の核を破壊しにいかないのか?

夢の中にはいるとその夢の持ち主である人の人格の影響を大きく受けるらしく

魘夢はそのことを嫌っているため入ろうとはしません。

 

 

実際にゆめの中に入り炭治郎の精神の核を破壊しようとしていた少年は

炭治郎の暖かい精神に触れ心変わりをしています。

 

 

強制昏倒催眠の囁き(きょうせいこんとうさいみんのささやき)

©五峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃から引用

声を聞いたものを強制的に眠りにつかせるという技、

戦闘中に一瞬でも相手を眠らせることができれば

かなり優位にことを進めることができるので便利な技です。

 

 

 

強制昏倒睡眠・眼(きょうせいこんとうさいみん・まなこ)

©五峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃から引用

非常に厄介な血鬼術であり、直接的なダメージはないものの

一瞬で相手を眠りにつかせることのできる技です。

 

 

炭治郎はこの技にかかるたびにたび夢の中で自分の首を切り落とすという

ショッキングなことをしていましたが現実世界とゆめの区別がつかなくなってしまい

現実世界で自らの首を切り落とそうとしていました。

 

 

伊之助にすくわれ自殺は回避できたものの一対一であれば確実にやられていたでしょう。

©五峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃から引用

 

 

 

 

魘夢の他の能力

 

魘夢は無機物に対しての融合能力を有しているかと思われます。

現に無限列車との融合を果たしており、

列車に乗っていた乗客200人をまとめて人質にしていました。

 

 

自らは隠れて遠距離から攻撃が可能になるのでだいぶ厄介な能力ではあります。

 

 

作中での魘夢の活躍

©五峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃から引用

作中では下弦の鬼の塁が鬼殺隊に殺されたことを知った鬼舞辻無惨が

弱すぎる鬼入らないと下弦の鬼を抹殺しようとしたところ

魘夢だけはびびらず無惨に心酔している様を見せていたので血を分け与えられパワーアップ

 

 

さらに炭治郎たちを抹殺できればさらに血を分け与えることを約束し、討伐に向かいます。

 

 

 

結果は炭治郎、善逸、伊之助、杏寿郎に自らの血鬼術を破られ炭治郎と伊之助の連携により

首を切られ負けてしまいましたがかなりの強さを誇る鬼でした。

 

 

 

とどめを刺した技はヒノカミ神楽でした。

 

[kanren2 postid=”910″]

 

 

 

炭治郎たちを始末していれば上弦に入っていた?

炭治郎たちを倒せば無惨にさらに血を分けてもらいパワーアップを図ることができていました。

 

 

魘夢は血を分けてもらいパワーアップを図ることで上弦の陸である堕姫と妓夫太郎

入れ替わりの血戦を挑み勝利しなくてはなりません。

 

 

魘夢は血戦をする気満々でしたので人に夢を見せる血鬼術は鬼に対しても有効

だということになりそうですね!

 

 

もし仮に炭治郎たちを倒し入れ替わりの血戦を挑めていたとしたら

勝てて上弦の陸になっていたかもしれません。

 

 

堕姫と妓夫太郎は過去が結構重めのキャラクターなので

幸せな夢を見せれば抜け出せなくなってしまうのではないでしょうか?

 

 

ただ入れ替わりの血戦で夢の中に侵入させる人間が鬼の夢の中に入っても

普通でいられるのかどうかがわからないのでなかなか難しいですね。

 

 

入れ替わりの血戦では自ら夢の中に行くのかな?

 

 

 

【鬼滅の刃】下弦の壱 魘夢(えんむ)予想以上に強いまとめ

人の不幸が大好きでたまらないクズ中のクズ鬼 魘夢

 

 

作中では炎柱である煉獄杏寿郎の強さを読者に分からせるための引き立て役として

登場しやられてしまいましたが実際かなり強い鬼であったことは間違いありません。

 

 

魘夢が仮に他の鬼と手を組み鬼殺隊と戦うことになったら誰も倒せないのではないでしょうか?

 

 

魘夢が眠らせたの鬼がとどめを刺す。。

わざわざ精神の核を破壊しなくともそっちの方が手っ取り早そうです。

 

 

パワーアップした魘夢もみてみたかったですがまぁストーリー上見れないのも仕方ないですね。

上司が無能の無惨様ですし

パワーアップもっとさせてから向かわせればよかったのに

 

 

 

以上

【鬼滅の刃】下弦の壱 魘夢(えんむ)予想以上に強いでした