漫画ネタ情報&考察

青い彼岸花=禰豆子?!唯一太陽を克服した鬼【鬼滅の刃】

無惨が鬼となってからずっと探し続けている青い彼岸花。

竈門炭治郎が生まれる千年以上前から無惨は存在しそれを探しているそうなので

よっぽどレアな彼岸花なのでしょう。

 

 

今回の記事では無惨が探し求めている青い彼岸花について、

また太陽を克服した禰豆子について書いています!

 

 

青い彼岸花

千年以上前から存在し続け、すべての鬼の始祖である鬼舞辻無惨は

鬼殺隊が用いる日輪刀を使っての首の切断で倒すことは不可能。

唯一太陽の光で飲み倒すことができます。

 

 

そんな無惨ですが己の唯一の弱点を克服するため、

鬼になった当初から今の今まで青い彼岸花を探し続けています。

 

 

 

作り方を知っているのは医者だけ

不治の病にかかった無惨をとにかく助けようと医者が作った薬(未完成)

その薬に用いられていた青い彼岸花ですが無惨はおっちょこちょいのため

医者を殺してしまい手がかりが一切ない状況に。

 

 

仲間を増やしつつ探し回りますが現在その手がかりすら掴めないままでいます。

 

 

 

禰豆子

炭治郎の妹であり、人を襲わない特別な鬼。

血鬼術は【爆血】で鬼のみを焼き尽くす火を扱うことができます。

 

 

体にあざのような紋様が浮き出て体を成長させると

上弦にも負けず劣らずの身体能力を発揮します。

 

 

 

太陽を克服した鬼

上弦ノ肆・半天狗が死の間際に見た禰豆子が太陽を克服した姿。

それを遠隔で知った無惨は大歓喜で大喜び。

 

 

禰豆子を吸収すれば自分も太陽が克服できるとして

急遽、青い彼岸花から禰豆子の行方を捜す方にスイッチします。

 

 

鬼の長い歴史上太陽を克服できたのは禰豆子だけ。

 

 

 

禰豆子=青い彼岸花?!

禰豆子の名前を詳しく調べてみると青い彼岸花が実は禰豆子なのではないか?

という事実が浮かび上がってきました。

 

 

 

禰という文字

禰という文字は示すという文字と爾という文字から構成されています。

示とは神に生贄を捧げる台から形取って作られた文字であり、

爾とは美しい輝きを放つ花から形取って作られた文字。

 

 

花という文字が出てきましたよね?

これって青い彼岸花のことを指しているのではないでしょうか?

 

 

 

炭治郎の回想

下弦ノ伍である累との戦闘中の戦闘でみせた炭治郎の回想。

そこで彼岸花が描かれています。

 

 

ここに描かれた彼岸花はもしかしたら青い彼岸花であり、

禰豆子は幼い時にこれを食べてしまっていたのではないでしょうか?

 

 

その結果鬼でありながら太陽を克服できたのではないかと思います。

 

 

 

禰豆子は無惨を倒すための鍵?!

禰という文字には父親の霊を祀る場所という意味合いがあります。

これは鬼の祖である、

つまり父である無惨の死場所となるのが禰豆子なのではないでしょうか?

 

 

示・・生け贄のための台

爾・・青い彼岸花

 

 

青い彼岸花につられて禰豆子を吸収しようとして

それがが無残のしに繋がる可能性はかなりあるかと思います。

 

 

 

おまけ・薬を作った医者

鬼舞辻無惨を救うために薬を処方し殺されてしまった医者。

時たまこの医者こそがラスボスなのではと囁かれていますがその可能性は無いでしょう。

 

 

禰豆子の名前の意味がしっかりと考え抜かれて作られていることは

もう一目瞭然ですし無惨がラスボスで間違いないかと思います。

 

 

 

おまけ・禰豆子の豆という字

禰豆子の名前、禰に込められた意味は上述したとおりですが

豆という字にも想いが込められています。

 

 

豆は鬼が大っきらないなもの。

魔を滅する食べ物です。

 

 

これは禰豆子という存在が鬼を滅す鍵になることを示しているんでしょう。

血鬼術の爆血なんてもろ鬼を殺すための技ですからね。

 

 

 

青い彼岸花=禰豆子?!唯一太陽を克服した鬼【鬼滅の刃】まとめ

いかがだったでしょうか?

大方考察した通り禰豆子の存在こそが鬼舞辻無惨を倒すための鍵となると思います。

 

 

彼岸花は炭治郎の過去回想でも出てきていますし

名前の意味からしても青い彼岸花=禰豆子なのではないでしょうか?

 

 

 

以上

青い彼岸花=禰豆子?!唯一太陽を克服した鬼【鬼滅の刃】でした!

 

 

鬼滅の刃最新話記事一覧↓

[kanren2 postid=”315″]