最新話ネタバレ

【鬼滅の刃】183話 ネタバレ・考察・感想 甘露寺蜜璃のギャグ回すぎる

前回の【鬼滅の刃】182話 では

愈史郎の血鬼術により甘露寺蜜璃と伊黒小芭内を無残の元に導くことに成功。

 

ついに無惨を討つべく

鬼殺隊最高戦力たちが集結していきます。

 

 

愈史郎の存在がダークホースすぎて驚きました。

株爆上げですね。

 

[aside type=”normal”]参考

【鬼滅の刃】182話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]

 

 

では【鬼滅の刃】183話 ネタバレ・考察・感想を書いていきます!

 

 

【鬼滅の刃】183話 ネタバレ・考察

183話では甘露寺蜜璃のせいで今までの緊迫した雰囲気絵が一気に消滅。

ラスボス戦のはずなのに緊張感0でした。

 

 

蜜璃は完全にギャグ漫画のキャラクター。

ギャグキャラは不死身なので無惨に勝ち目はないでしょう。

 

 

 

愈史郎の血鬼術

愈史郎は蜜璃に声をかけ、攻撃の囮になってもらうことで鳴女に気づかれずに接近することに成功。

鳴女の視覚を奪い、なんと無惨の支配を外して頭を支配することに成功します。

 

 

上弦クラスの鬼を完璧にコントロール化に置くとか珠世様産の鬼は優秀ですよね。

この後、鳴女越しに無惨が愈史郎の細胞を取り込んで殺そうとしてきますが

愈史郎はそれになんとか耐えます。

 

 

人間を喰らわない鬼なのに無惨と張り合う愈史郎って一体。

 

 

無惨が近くにいない時に

愈史郎の血鬼術で鬼を無惨の支配から解放して

手駒にしていけば最強の部隊ができあがったんじゃないでしょうか?

 

 

愈史郎がもっと早くに鬼殺隊の味方になって上弦と闘っていれば

無一郎や弦弥、しのぶがしぬこともなかったかも。

 

 

 

甘露寺蜜璃のギャグ回

1話丸々通して蜜璃ぶしが炸裂。

上弦ノ肆・半天狗と戦っていた時にもギャグっぽいシーンはいくつからありましたが

無限城にきてからの蜜璃はそれがさらにブースト。

 

 

周りが真面目に戦ってるのに

ワーワーギャーギャー騒ぎ散らして今までの緊迫感をいい感じにぶち壊します。

 

 

ギャグキャラはこう言った戦闘ではやられない

みたいな法則がありますし蜜璃はこの戦いで生き残るでしょう。

 

 

逆に真面目に戦ってる伊黒や義勇あたりがやられてしまいそう。

伊黒は蜜璃を庇って、義勇は炭治郎を庇って逝きそうです。

 

 

 

無限城脱出!

柱と炭治郎の猛攻で愈史郎に手をまわしていられない無惨。

無限城に気を取られ隙を見せた甘露寺蜜璃にとどめを刺そうとしますが、

たんじろうが投げた日輪刀により頭が貫通。

 

 

愈史郎に鳴女の支配を奪われかけると

愈史郎を殺すことを諦め、かわりに鳴女を殺して無限城を倒壊させようとします。

 

 

しかし愈史郎が無惨を上回り

無限城から鬼殺隊を地上に引き上げることに成功します。

 

 

愈史郎が本当に大活躍。

彼がいなければとっくに皆無惨にやられていました。

 

 

地上はまだ夜のようで空には三日月が、

日が昇るまでにはまだかなりの時間がかかりそうです。

 

 

このままジリジリと太陽が出るまで戦い続ける展開を描くわけもないでしょうから

無惨が太陽を克服する展開が来るかもしれませんね!

 

 

 

【鬼滅の刃】をタダで読むには?

お金をかけたくないけど鬼滅の刃の最新話を今すぐに読みたい!

移動時間中に鬼滅の刃を読みたい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

 

31日間の体験期間中に解約をすれば

タダで鬼滅の刃の最新刊を読むことができちゃいます!

 

 

[btn class=”big rich_blue”]

U-NEXTで今すぐ読む!

[/btn]

 

 

 

【鬼滅の刃】183話 感想

無限城編に突入してからはメインキャラが次から次へと死んでいき鬱展開の連続。

だんだん憂鬱になってきていましたが、

久々の甘露寺のギャグシーン連発でなんだかそんな気持ちがぶっ飛んで行きました。

 

 

たまにはこういう回も挟まないと読者のメンタルが持ちませんもんね。

心のない作者のワニには思いつかないでしょうから

編集さんがアドバイスしたんでしょう。多分。

 

 

次回からはいよいよ地上での決戦になるので非常に楽しみです!

 

 

以上

【鬼滅の刃】183話 ネタバレ・考察・感想 甘露寺蜜璃のギャグ回すぎる

でした!

 

[aside type=”normal”]参考

【鬼滅の刃】最新話184話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]