最新話ネタバレ

【鬼滅の刃】182話 ネタバレ・考察・感想 愈史郎の血鬼術が強すぎる!!

前回【鬼滅の刃】181話では鬼舞辻無惨が覚醒し鬼殺隊をほぼ壊滅。

珠世様まで殺されてしまい怒涛の鬱展開が続きました。

 

[aside type=”normal”]参考

【鬼滅の刃】181話はこちらから

[/aside]

 

 

では【鬼滅の刃】182話 ネタバレ・考察・感想 を書いていきます。

 

 

【鬼滅の刃】182話 ネタバレ・考察

今週の鬼滅の刃を見てなんか他の漫画がやらないことを

サラッとこの漫画はしてしまうんだなぁと作者の凄さを感じました。

 

 

 

まさかの炭治郎負傷?!

鬼舞辻無惨と対峙した炭治郎と義勇は仲間たちが一同に揃うまで、

太陽が昇るまでの時間稼ぎをしながら無惨との戦闘を開始。

 

 

ここで初めて無惨の攻撃方法が判明するんですが

両腕を鞭のようにしならせての、寄生獣のような攻撃を繰り出していました。

 

 

無惨の攻撃は今まで戦ってきた上弦の鬼ですら

比べ物にならない程の攻撃速度を放っているらしく

義勇は凪で辛うじて攻撃をはじき返し炭治郎は感覚だけで攻撃を避けていきます。

 

 

ただ仇を前にしてやはり斬りこまずにはいられなかったのか、

なるべく時間を稼いで無惨の情報を引き出し

仲間たちが揃ってからが本番と自覚していたのに無惨に単身突撃。

右目を潰され負傷してしまいます。

 

 

他の漫画であればこんなさらっと主人公の片目を潰すなんてしないはず。

炭治郎は鼻で相手の挙動を見極めているとはいえ片目負傷は痛すぎます。

 

 

戦闘序盤で片目を潰されてしまったのでこのまま戦闘が進んでいけば

霞柱・時透無一郎の様に四肢欠損、

挙げ句の果てには胴体真っ二つにまでされてしまうんじゃないかとヒヤヒヤです。

 

 

 

小芭内と蜜璃がまさかの?!

無惨との戦闘を続けていく炭治郎と義勇。

2人の心を折り早急に蹴りをつけるためなのでしょうか?

 

 

無惨は2人に蛇柱・伊黒小芭内と恋柱・甘露寺蜜璃は

上弦ノ肆・鳴女によって死んだと告げます。

 

 

これにかなり焦りを見せたのは炭治郎、

自分が足手まといになって義勇まで殺されてしまわない様に

義勇と距離を取りながら攻撃を交わしていきますが

攻撃速度に追いつけず頭を壁に打ち死を覚悟します。

 

 

この戦闘を見て思ったのがたんじろうは既に透き通る世界に入れるんだから

ありとあらゆるものが全てスローに見えるのではないのか?ということ。

 

 

上弦ノ参・アカザとの戦いでも透き通る世界を先頭の要所要所で使いこなし、

首を跳ねる際には完全にものにしたとばかり思ってましたが

まだ使いこなせないのでしょうか?

 

 

透き通る世界に入るための条件はある一つに神経を全集中させること。

仇を前にして冷静でいられなく集中が乱れているため使えないとかですかね?

(それだと煉獄の仇であるアカザ戦でも使えないけど。。)

 

 

 

復讐に燃える愈史郎

死を覚悟した炭治郎のピンチを救ったのは蛇柱の伊黒小芭内、

恋柱の甘露寺蜜璃も生きており炭治郎と義勇はホッとします。

 

 

ただ2人が生きていたことに怒りをあらわにしたのは無惨。

鳴女に『どういうことだ!』と怒鳴り散らします。

 

 

覚醒してから小物感が全くなかった無惨ですが

この辺から小物・臆病者感全開で行くんでしょうか?楽しみです。

 

 

小芭内と蜜璃を無惨の元に運んだのは愈史郎、

愈史郎は鳴女を自身の血鬼術で操作し操っていました。

 

 

愈史郎の血鬼術ってなんだかんだ優秀すぎますよね。

目眩しだけではなく視界の共有、本来目に見えない攻撃も見える様にする。

 

 

そして視界をジャックして完全操作、

まさかここまでの大役を果たすキャラクターだとは思わなかったので予想外です。

 

 

にしても柱2人でさえろくに近づくことができなかった鳴女に

どうやって近付いたんでしょうか?

目眩しの血鬼術を使って奇襲したのでしょうか?

 

 

穴埋めとはいえ上弦をも凌ぐ愈史郎、強すぎますよね。

 

 

というか視界をジャックして鳴女の動きを完全に操ることができるのなら

柱2人を向かわせる前に鳴女を日輪刀で仕留めて

無限城を崩壊させた方が良かったのでは?と考えましたが野暮ですよね。

 

 

 

鬼滅の刃をタダで読むには?

鬼滅の刃を読みたいけどお金がかかるのは嫌だ、だけど気になるからどうしても読みたい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

 

31日間の体験期間中に解約をすれば実質無料で鬼滅の刃を見ることができます!

 

 

[btn class=”big rich_blue”]

U-NEXTで今すぐ読む!

[/btn]

 

 

 

【鬼滅の刃】182話 感想

前回炭治郎が今までにないくらいに怒りをあらわにさせていたので

これは主人公の覚醒くるのか?!と胸を高鳴らせていましたが全くそんなことはなく、

時間稼ぎのための戦闘で片目を潰されて本当に驚きました。

 

多分読んでたほとんどの人が『まじかよ』って思ったはず。

 

 

鬼滅の刃の作者はよくキャラクターを負傷・欠損させることで有名ですが

主人公まで簡単に欠損させてしまうとは恐るべし。

 

 

それと復讐に燃える愈史郎、愈史郎の全てともいっていい珠代を奪われたんですから

そりゃめちゃくちゃ頑張りますよね。

にしても上弦をコントロールするのは凄い。

 

 

 

以上

【鬼滅の刃】182話 ネタバレ・考察・感想 でした!

 

[aside type=”normal”]

【鬼滅の刃】183話 ネタバレ・考察・感想 はこちらから

[/aside]