最新話ネタバレ

【ヒロアカ】最新話250話 ネタバレ・考察・感想 家族のピンチにエンデヴァーは?!

前回【ヒロアカ】最新話249話では

轟邸にきたデクと爆豪が轟家のゴタゴタに巻き込まれてしまう

というなんとも言えない回でした。

 

 

そして衝撃的だったのが燈矢が故人だったこと。

タビが傷だらけなあのは致死の火傷を負った為なんでしょうね。

 

[aside type=”normal”]参考

【ヒロアカ】最新話249話 ネタバレ・考察・感想 はこちらから

[/aside]

 

 

では【ヒロアカ】最新話250話 ネタバレ・考察・感想 を書いていきます!

 

 

【ヒロアカ】最新話250話 ネタバレ・考察

250話ではなんとしてでもエンデヴァーに殺されたいという

頭のいかれたヴィランが登場。

 

 

このヴィランをきっかけにエンデヴァーと夏雄との

親子のわだかまりは晴れていくのではないかと思います。

 

 

 

夏雄の誘拐

轟邸前に突如として現れた包帯の個性?の男は

エンデヴァーに殺されることを夢見るサイコパスヴィラン。

 

 

エンデヴァーのヒーロー活動を見て憧れ、

殺され願望が芽生えたようです。

 

 

なんでも7年前にはヒヨって生きて捕まってしまったようですが

今度はちゃんと殺されるためにエンデヴァーの身辺を調べあげたり、

個性の力をブーストさせる薬物を用意したりと色々準備をしてきたようです。

 

 

ヴィランは夏雄を人質に誘拐します。

 

 

夏雄ですがこのポットでヴィランに簡単に捕まってしまいました。

轟家の人間は皆強力な氷の個性か炎の個性を使えると思っていましたが

夏雄の個性はそこまで強くないのでしょうか?

 

 

焦凍とは違い【失敗作】としてエンデヴァーに扱われていたので

あまり戦闘力は高くないのかもしれませんね。

 

 

そもそもヒーローでもないですし医療福祉を学んでる一般人です。

個性を使って戦うこと自体ないんですからヴィランにかなうわけないですよね。

 

 

 

轟橙矢について

デクと爆豪は轟橙矢について冬美から聞き、

なぜエンデヴァーと夏雄の間に確執が生まれているのかを知ります。

 

 

学校の寮に帰宅する時間。

エンデヴァーは冬美に食事会を開いてくれたことを感謝し3人を送り届けます。

 

 

 

サイコパスと対峙

送迎中に現れたのは夏雄を誘拐した頭のおかしいヴィラン。

エンデヴァーはすぐさま車から飛び出しヴィランを捉えようとしますが

人質がいるためうかつには手が出せない様子。

 

 

頭のおかしいヴィランは今度こそ、確実にエンデヴァーに殺されるために

彼の大切なものを奪うと宣言します。

 

 

話の流れからこのヴィランはエンデヴァーと夏雄の溝を埋めるためだけに

ボコられる未来がみえみえです。

 

 

夏雄はおそらくこの戦いで自分のために体を張ってくれるエンデヴァー、

父親の姿を見て少し気を許すのではないでしょうか?

 

 

仲の良かった兄・橙矢にどのような仕打ちをして夏雄に恨まれているのか

は知りませんがその辺の溝も無くなっていくのかなると思います。

 

 

なんでこのヴィランは2人をつなぐ架け橋的な、

重要なポジションを担ってるわけです。

モブヴィランおめでとう。

 

 

 

ヒロアカをタダで読むには?

ヒロアカの最新刊を今すぐにでも読みたい!

お金がないけれどヒロアカが読みたい!

という方にオススメなのがU-NEXT

 

 

31日間の体験期間中に契約を解除して仕舞えば

お金をかけることなくヒロアカの最新刊が読めちゃえます。

 

 

[btn class=”big rich_blue”]

U-NEXTで今すぐ読む!

[/btn]

 

 

また期間中はなんとアニメが見放題!

丁度ヒロアカ4期もやっていますしU-NEXTを利用して

一期から全部見るのもいいかもしれません。

 

 

 

【ヒロアカ】最新話250話 感想

ヒロアカの初期の頃から轟家のゴタゴタは続いていますが

ここらで一区切りつくのでしょうか?

 

 

母と娘、そして焦凍は少しずつですがエンデヴァーに心を開いてきています。

あとは夏雄だけ。

 

 

このモブヴィランとの戦いで

なんとか心を開いてもらいたいですよね。エンデヴァー的にも。

 

 

 

以上

【ヒロアカ】最新話250話 ネタバレ・考察・感想

家族のピンチにエンデヴァーは?!

でした。

 

 

[aside type=”normal”]

【ヒロアカ】最新話251話 ネタバレ・考察・感想 はこちらから

[/aside]