【アクタージュ】90話 ネタバレ・考察・感想 第二幕開演!!



前回の【アクタージュ】89話 「海の中」では

 

王賀美が自分の演技を演じきり第一幕を何とか終え幕間へ。

そして舞台裏で夜凪は自分の過去と対話をする。

そして舞台は第二幕へ…

 

 

幕間の間に花子が夜凪に「怒りはまだ風化してませんか」

と言ったときはゾッとしました。

 

 

第二幕開演前と言うとこでろ終わってしまいとても続きが気になっていました。

 

 

それでは【アクタージュ】90話「」ネタバレ・考察・感想 を書いていきます!

 

 

 

【アクタージュ】90話「鏡」ネタバレ・考察

90話「」では「羅刹女」の第二幕が開演し

ついに王賀美と夜凪以外の演技が始まりました。

 

 

白石さんの演じる三蔵法師がどのようなものなのかとても気になっていました。

白石さんが夜凪の演技に喰われないで演技ができるのか

とても見ごたえがありました。

 

 

 

夜凪と王賀美の演技力

第二幕開演前にまだ主演と助演の2人しか出ていないことにきずき始める。

2人の芝居に圧倒され忘れかけていたのです!

 

 

羅刹女は奪われた芭蕉扇を奪い返しに行く

ここからがオールスター登場と言うのにこの芝居だと凄いプレッシャーだと。

 

 

ここから出てくる3人の演技に観客たちの期待も

上がっていることでしょう。

 

 

白石さん舞台へ!

王賀美が舞台袖で今の夜凪の事を白石さんへ忠告。

武光が白石さんに期待を託し

夜凪の覚悟を無駄にしないと第二幕の幕開けへ

 

 

白石さんの演技はどれほどのものなのか

 

 

第二幕のすべての流れが白石さんにかかっているとか

プレッシャーはとても計り知れないですね。

 

 

そして第二幕の幕開けは夜凪の羅刹女からスタート!

第一幕のシンプルな舞台とは打って変わって

禍々しい舞台へ。

 

 

 

白石さんの芝居の凄さ

白石さんは並の役者では茶番にもなり得る場面で

王賀美と対等以上の存在感の夜凪を相手にすっかり空気を支配していた。

 

 

黒山が白石さんは元々は見た目のせいで

善人役ばかりあてがわれ役の幅が狭かったと言います。

しかし今では任侠映画御用達のヒール俳優だと言う。

 

 

時に暴力よりも正論は強く、言葉に正しさを感じさせる演技は

唯一羅刹女を労せずに苦しめさせられる人だと。

 

 

それほどすごい人ならではの三蔵法師役なのでしょう。

これまでの話では地味な人と言うイメージが強かったのですが

今回で大分印象が変わってとても驚きました。

 

 

市子と武光も舞台上へ

武光は才能も経験もみんなは持っているが

俺はどちらも持っていないと。

 

 

しかし役者にはもっと大切なものがあるはずだと前を向き

自分の出番へ。

 

 

白石さんが流れを作ってくれ出番になる市子と武光。

武光は夜凪に応えたいといったが今日は俺の日だと思い舞台上へ!

 

 

ついに甲サイドの全員が舞台に上がり

羅刹女第二幕のストーリーが進み始めました。

 

 

 

【アクタージュ】を無料で読むには?

[アクタージュ] の最新刊を読みたいけどお金が無い!

[アクタージュ] を今すぐ読みたい!

という方におすすめなのがU-NEXT

 

31日間の体験期間中に契約を解除して仕舞えば

お金をかけることなく[アクタージュ]の最新刊が読めるんです!

 

 

 

 

 

【アクタージュ】90話「鏡」感想

観客がまだ主演と助演しか出ていないことを

忘れてしまうほどの演技力とてもすごいですね。

 

 

王賀美と夜凪の2人の演技が凄すぎてどうなることかと思いましたが

白石さんが先陣を切って流れを作ってくれましたね。

芝居はさすが王賀美が共演をしたがっていただけのことはあるなと思いました。

 

 

最初は恐れられていた羅刹女が王賀美の演技で応援するようにしむけ

さらに白石さんが流れを作り市子と武光が舞台に行くそしてこの先どうなるのか

とても気になってしまう終わり方でしたね!

 

 

次回から甲サイド全員の登場となるのでとても楽しみです!!

 

 

以上が

【アクタージュ】90話 「鏡」のネタバレ・考察・感想 第二幕開演!!

でした!

 







全国の「アニメ・漫画」好き集まれ!
LINE@コミュニティのご案内



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です