【七つの大罪】最新話339話 ネタバレ・考察・感想 アーサーの力



前回の【七つの大罪】最新話338話 では混沌の力を狙うキャスがアーサーの腕を噛みちぎり

喰らうことでその力の一端を奪いました。

まさかキャスがラスボス候補に上がってくるとは、、

 

 

前回の記事はこちらから↓

 

 

では【七つの大罪】最新話339話 ネタバレ・考察・感想

アーサーのを書いていきます!

 

 

【七つの大罪】最新話339話 ネタバレ・考察

アーサーとキャスの戦いがメインでしたがひとつ気になる点がありました。

7つの大罪読者の皆さんも気づいたはず、、

 

 

 

キャス・パリーグ

アーサーの腕を噛みちぎったキャスはそのまま異形の化け猫の姿へと形を変貌させていきます。

アーサー含め七つの大罪メンバーも突然のキャスの襲撃に困惑しますが

混沌の巫女はキャスの正体を知っているらしく、

 

 

かつて混沌より生み落とされた獣にして自らが混沌の王になるべく混沌に戦いを挑んだ化け物と説明。

それを聞いたアーサーはキャスに嘘だろ?と問いかけますがキャメロットで魔神から

身を挺して守ってくれたのも混沌の力を手に入れるためとアーサーの気持ちを踏みにじります。

 

 

 

アーサーの力

混沌の力の一端を手に入れたキャスは7つの大罪&アーサーを倒すために行く間に引きずり込みます。

しかし混沌の王であるアーサーの前にはその力は通用せず簡単に元の空間に戻され、

真の力を得た聖剣・エクスカリバーによりキャスは粉々に吹き飛ばされてしまいます。

 

 

 

マーリンとの決別

キャスを退けた一行、しかしアーサーは片腕を食いちぎられているため疲労から倒れてしまいます。

エリザベスはアーサーをリオネス王国に運んで治療すると申し出ますが

 

 

マーリンはこれ以上七つの大罪を自分の勝手で巻き込むわけにはいかないと

テレポートで七つの大罪を何処かへ飛ばしてしまいます。

 

 

 

〜考察1〜

アーサーが倒れ、エリザベスはアーサーを女神族の力で治療する場面が描かれていました。

が、腕は噛みちぎられた状態のまま。。

四大天使であるマエルは片腕を失ったエスカノールを一瞬で治しているのにエリザベスはアーサーをなおさない。

 

 

何故?!

 

 

 

七つの大罪最新刊無料で読むには?

7つの大罪の最新刊をスマホで簡単に読むにはU-NEXTがオススメ!

31日間の体験期間中に解約をすればただで鬼滅の刃を読むことができます!

 

 

 

 

期間中アニメが見放題なのもポイントです!

 

 

 

【七つの大罪】最新話339話 感想

混沌の力が登場してからいよいよ訳がわからなくなってきた七つの大罪。

どこに着地するかわからない謎の感じがなかなか面白いです。作者の腕の見せ所ですね!

アーサーの混沌の力は簡単に奪われることができるみたいなんでキャスがラスボスですかね?よくわからん★

 

 

 

以上

【七つの大罪】最新話339話 ネタバレ・考察・感想 アーサーの力でした!

コメントお待ちしております!

 

 

次回の記事はこちらから↓







全国の「アニメ・漫画」好き集まれ!
LINE@コミュニティのご案内



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です