最新話ネタバレ

【七つの大罪】最新話338話 ネタバレ・考察・感想 キャスの裏切り?!

前回の【七つの大罪】最新話337話 では混沌の力を暴走させたアーサーと戦闘。

誤解が解けたのちマーリンの過去について混沌の巫女が七つの大罪に話を聞かせました。

 

 

マーリンがメリオダスのことを好きなような描写は時たま見受けられましたがやっぱりか!

と言う感じでした。

 

 

前回の記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”2906″]

 

 

では【七つの大罪】最新話338話 ネタバレ・考察・感想

キャスの裏切り?!を書いていきます!

 

 

【七つの大罪】最新話338話 ネタバレ・考察

アーサーにつきまとっていたキャス。

混沌の王を守るための守護神的な感じかと思っていましたがまさか裏切るとは。。

 

 

 

混沌の母

七つの大罪を作り上げ、存在するかもわからない混沌を目覚めさせるために

七つの大罪を利用していたのかと言うメリオダス。

それをマーリンは黙って聴きますが代わりに混沌の巫女が答えます。

 

 

混沌は存在すると。

七つの大罪を背に乗せ旅をしながら己の復活を待ちわびていると。

それを聞いた一同はホークママに目を向けます。

 

 

目を向けるとホークママは自壊。

豚の形はなくなりただの苔の抜け殻となります。

 

 

ホークママは混沌の入れ物であり、

混沌はアーサーに宿ったためホークママは形を保てず自壊したのでした。

 

 

 

〜考察1〜

息子であるワイルドやホークも混沌の力を使えるのか。

煉獄に住んでいたワイルドはとてつもなく強かったですが

身体強化のような技のみでアーサーのように世界を変えるようなことはしていません。

 

おそらくワイルド、ホーク共に力に気づいていないだけで力の存在に気づいたら

ホークも混沌を使えるようになるかもしれません。

 

 

 

世界を変えるアーサー

アーサーのことで口論になるメリオダスとマーリン。

それをアーサーは間に割り込み喧嘩を止めます。(止める際にさりげなくマーリンにパイタッチ)

 

 

アーサーは自分のことで争わないでほしいこと。

みんなを守れるだけの力をつけて理想の世界を作りたいことを語ると

それと同時に世界が変換されていき混沌の空間が広がります。

 

 

 

〜考察2〜

世界を変換させるだけの力を手に入れているアーサーですが

力のコントロールは全くコントロールできていない模様。

 

 

今後アーサーが味方になるのが敵となるのかはわかりませんが

敵になるのであれば完全に力のコントロールを果たす前に仕留めなければメリオダス側に勝ち目はなさそうです。

 

 

 

反逆のキャス

アーサーの覚醒を喜ぶキャス。

久々の再会にアーサーはキャスとハグをしようとしますがキャスはアーサーに襲い掛かります。

 

 

メリオダスがギリギリでアーサーを助けるものの右腕をもがれるアーサー。

キャスは混沌の力の一端を手に入れ異形の姿へと変貌していきます。

 

 

 

七つの大罪最新刊無料で読むには?

7つの大罪の最新刊をスマホで簡単に読むにはU-NEXTがオススメ!

31日間の体験期間中に解約をすればただで鬼滅の刃を読むことができます!

 

 

[btn class=”big rich_blue”]

U-NEXTで今すぐ読む!

[/btn]

 

 

期間中アニメが見放題なのもポイントです!

 

 

 

【七つの大罪】最新話338話 感想

力のコントロールはできていないもののおそらく作中最強キャラとなったアーサー。

ラスボスは混沌の力を吸収したキャスになりそうなんで

アーサーと七つの大罪で組んでキャスと戦う展開になりそうです。

 

 

七つの大罪のナレーションで人とそれ以外の種族が隔たれる前とかなんとかいっていたので

アーサーの混沌の力で人間族とその他の種族は最終的に別世界に分かれてしまいそうですよね。

新章入ったんであと3年は七つの大罪は続くかな?

 

 

 

以上

【七つの大罪】最新話338話 ネタバレ・考察・感想 キャスの裏切り?!

でした!

 

 

コメントお待ちしております!

次回記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”3077″]