【七つの大罪】最新話334話 ネタバレ・考察・感想 アーサー復活フラグか?!



前回の【七つの大罪】最新話333話では魔神王線で己の命を魔力に変換して

戦ったエスカノールが死亡。マーリンに自分の想いをしっかりと伝え、

それに答えてもらったエスカノールはなんの未練もなく逝ったことでしょう。

 

 

 

では【七つの大罪】最新話334話 ネタバレ・考察・感想を書いていきます!

 

 

【七つの大罪】最新話334話 ネタバレ・考察

334話では今後の流れに非常に重要となる様な伏線が

いくつか散りばめられていました。

 

 

 

魔神王消滅の知らせ

七つの大罪が魔神王を打ち倒したことを感じ取るリオネスの聖騎士たち。

リオネスから離れた場所にいたドレファス・ヘンドリクセン・ギーラ・ジェリコも

それを感じ取り王国に帰還します。

 

 

リオネスの国王であるバルトラのもとにも

魔神王を七つの大罪が討ち取ったという報告が入り、

今日を記念日に!祭りを開く準備を始めます。

 

 

リオネス王国の人たちの喜び様半端ないです。

これで七つの大罪に救われたのは何度目になるんでしょうか?

 

 

初めの方は強そうだった聖騎士たちもインデュラの幼体一体倒せない

モブ扱いなんでこれからもだいぶ七つの大罪にお世話になりそうです。

 

 

 

3人のみで飲み会

エスカノールの死亡の知らせを聞いたギルサンダーは

七つの大罪のみんなに顔を合わせることができない様で

気を利かせたハウザーとグリアモールは3人で宅飲みすることに決めます。

 

 

この3人はいつも3人で固まっててなんだか和みますね。

グリアモールの家で飲むことになった3人は七つの大罪と傲慢の罪に乾杯。

 

 

神が死にこれからどんな時代がやってくるのかとハウザーがギルに聞くと

平和な時代に決まってるとギルは答えますが

後方から死んだはずのギルのストーカーの声が聞こえてきます。

 

 

 

ビビアン復活!

光と闇の時代が終え混沌の時代がやってくる、

ギルの後ろからそう答えたのはなんと死んだはずのビビアン。

 

 

悪運の強いビビアンはリュドシエルに殺されたはずが

ヘンドリクセンの回復術によって延命し、ドレファスの看病で完全復活。

リュドシエルのせいなる魔力のおかげで痣の呪いからも解放されていました。

 

 

ゴキブリ並みの生命力。

 

 

ここでどう勘違いしたのかビビアンはドレファスの愛のパワーによって

復活したと思い込み、ギルのことはもうどうでも良くなった様で

ドレファスの虜になってしまいます。

 

 

 

マーリン

ギルに光と闇の均衡の話を聞かれたビビアンは自分はよくわからないが

光と闇の均衡が崩れた時混沌の時代が復活するとよくマーリンが呟いていたそう。

 

 

最後のページに剣に貫かれたアーサーが意味深に映っていましたが

七つの大罪の物語はアーサー王物語を参考にして作られているので

確実に復活してくるはず。

 

 

ビビアンが復活したのもおそらくアーサー復活のフラグなのでしょう。

 

 

七つの大罪に傲慢の罪の欠員が出で現在6名ですし、

もしかしたらアーサーが穴埋めで入ってくるかもしれません。

 

 

そして混沌の時代ですがホークの母豚は混沌の母と呼ばれており

女神族からも魔神族からも恐れられていました。

これからホークママが物語に追えきく絡んでくるかもしれませんね!

 

 

 

【七つの大罪】をタダで読むには?

七つの大罪を無料で読みたい!

手軽に読める電子書籍で七つの大罪を読みたい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

 

31日間の体験期間中に解約をすれば

七つの大罪の最新刊がタダで読めちゃいます!

また期間中はアニメが見放題です!

 

 

 

 

 

【七つの大罪】最新話334話 感想

やはり魔神王がラスボスではなくこの先がありました。

マーリンのいう混沌の時代とは一体なんなのでしょう?

 

 

アーサーを必要としているマーリンですが

この混沌の時代を終わらせる鍵がアーサーなんでしょうか?

最高神もまだでてきていませんしますます七つの大罪盛り上がっていきそうですね!

 

 

 

以上

【七つの大罪】最新話334話 ネタバレ・考察・感想 アーサー復活フラグか?!でした!

 

 

コメント欄にて記事の感想などお待ちしてます!

 

次回の記事↓

【七つの大罪】最新話335話 ネタバレ・考察・感想 アーサーが混沌の王として復活!?

2019年12月14日






全国の「アニメ・漫画」好き集まれ!
LINE@コミュニティのご案内



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です