【七つの大罪】最新話330話 ネタバレ・考察・感想 あまりにも魔神王がしつこすぎる



こんにちは!七つの大罪の記事を担当しているクッスーです!

 

 

前回329話では精神世界でゼルドリスが見事魔神王に大勝利!

現実世界ではゼルドリスの体から戒言が剥がれると言ったところで話が終わっていましたね。

では今回330話のネタバレを早速書いていきます!

 

 

 

【七つの大罪】最新話330話 ネタバレ

330話ではメリオダス同様ゼルドリスもあるものが好きだと言うことがわかりました。

 

 

 

戒言の分離

前回に引き続き体から階段が分離しかけているゼルドリス。

戒言全てがゼルドリスの体から抜け落ち気絶しているゼルドリスと完全に分離します。

 

 

『我が器、、手放してなるものかーー!!』

戒言から手を伸ばしゼルドリスに再び寄生しようとするもバンはフォックスハントでゼルドリスを強奪。

窮地を脱します。

 

 

 

おっぱい好き

バンに助けられメリオダスと恋人のゲルダのもとで目を覚ましたゼルドリス。

 

 

『ゼルドリスやったな!お前は親父に勝ったんだ!!』

メリオダスにそう言われると少し照れたようで

当然だ!といいゲルダの胸に顔を埋めるゼルドリス。

 

 

それを見たメリオダスは

『さてはお前相当なおっぱい好きだな?精神内でも顔埋めてたもんなぁ』

とゼルドリスを煽りゼルドリスは顔を赤面させながら『ちち、、違う!』と胸に顔を埋めたまま反論します。

 

 

 

魔神王の足掻き

『おのれぇえ!』

そういうと戒言は天に登っていき爆発四散、10個の戒言が大地に降り注ぎ、降り注いだ箇所から闇の力で侵食。動植物を次から次へと取り込んでいきます。

驚く大罪たち。

 

 

『マーリン やつの目的は?』

とエスカノールが聞くと

『メリオダスとゼルドリスに拒絶された今ブリタニアの大地そのものを自らの依代とするつもりだ、、』と推測します。

 

 

 

復活した魔神王

動植物を吸収し巨大な化物の形を成した魔神王は天に昇りメリオダスたちの前にあらわれます。

魔神王の姿を見たホークはメリオダスのもとに行くことを拒否しブリタニアに住うものたちは絶望。

 

 

『わなけ  諦観せよ!!!魔神王に刃向かった罪は罪は何よりも重い!!』

ブリタニアを飲み込む頬の大きさの魔人王

しかしその姿を見ても七つの大罪は一切臆することなく恐怖の表情どころか笑みすら浮かべます。

 

 

『この勝負 もはや父上に勝ち目はない』

ゼルドリスがそういうと七つの大罪メンバーはやる気満々にそれぞれが口上を述べていき、

『みんな、、いくぞ!!!』

とメリオダスが号令をかけます。

 

 

 

七つの大罪を無料で読むには?

七つの大罪を無料で読みたい!

お金はかけたくないけど最新刊が見たい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

 

31日間の無料期間中に解約をすれば実質タダで七つの大罪の最新刊を読むことが可能!

またアニメは期間中みたい放題なので七つの大罪一期から見返すのもいいかと思います。

 

 

 

 

 

【七つの大罪】最新話330話 考察

戒言から引き剥がされメリオダス、ゼルドリスの代わりに依代に選んだのはブリタニアの大地。

魔神王は再びメリオダスたちの前にあらわれましたが戦いにはならないと思います。

ブリタニアの大地を使えばいつでも復活することができたのにわざわざ息子たちの体にこだわり続けたのは単純に己の力を引き出せるから。

 

 

今の魔神王はただの悪あがきに過ぎないんで来週ソッコーやられるんじゃないでしょうか?

マーリンにも体がボロボロで維持できていないて言われる始末ですしね。

 

 

 

【七つの大罪】最新話330話 感想

魔神王本当にしつこいです。

何度やられれば気が済むんでしょうか?

魔神王の戦績は精神世界での戦いを含めると4戦4敗、威厳もクソもない状況です。

 

 

ここまでラスボスがボコボコにされるのは考えられないですからまだ魔神王の後に誰かが潜んでいるかと思います。

魔神王の力が弱まって最高神が煉獄の魔神王倒して現世に来たりして。

 

 

 

以上

【七つの大罪】最新話330話 ネタバレ・考察・感想 でした!







全国の「アニメ・漫画」好き集まれ!
LINE@コミュニティのご案内



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です